ホームお知らせ一覧一般公開イベント

お知らせ一覧カテゴリー:一般公開イベント

  • 一般公開イベント

    ABSセミナー(一般公開)「遺伝資源アクセスと利益配分に関する名古屋議定書に研究者はどのように対応すればよいか? 」(2019年7月29日13:30-16:00)

    日時:2019年7月29日(月)13:30~16:00
    場所:京都大学野生動物研究センター地下会議室
    アクセス
    講師:森岡 一 氏(京都大学野生動物研究センター 特任教授)
    2017年2月まで:国立遺伝学研究所知的財産室ABS学術対策チーム チームリーダー担当
    目次・要旨

  • イベント開催日

    2018-03-07

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    一般公開セミナー:「ARRIVEガイドライン-動物を用いた研究の信頼性担保-」(平成30年3月7日(水) 14:00-15:30)(京都大学)

    【本セミナーは終了いたしました】
    京都大学の実験動物/動物実験関係者や他大学/企業の関係者等、多くの方に参加いただき、動物を用いた研究の信頼性担保のために大変有意義なセミナーとなりました。研究倫理・安全推進室では、今後も継続的に動物実験をテーマにした教育/啓発セミナーを行い、動物福祉の推進に貢献していきたいと思っています。
    ARRIVEガイドライン案内(公開)
    ・本セミナーでは、東京大学 久和 茂 教授 をお招きし、「ARRIVEガイドライン」についてお話いただきます。
    ・「ARRIVEガイドライン」 は、英国の3Rsセンターの活動の一環として作成された、動物を使用する研究の計画、報告等を改善するためのガイドラインであり、研究の信頼性担保や実験動物の愛護に関する理念である3Rの推進のため、多数の学術雑誌により支持されています。
    ・動物実験の関係者の方は、有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。
    ライフサイエンス法令セミナー(第7回)【一般公開セミナー】「ARRIVEガイドライン-動物を用いた研究の信頼性担保-」
    日時: 平成30年3月7日(水) 14:00-15:30

    場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟地下1階会議室(キャンパスマップ本部構内61番の建物)http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y (〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    内容: 13:30:受付開始
    14:00-15:30: ARRIVEガイドライン-動物を用いた研究の信頼性担保-
    東京大学大学院農学生命科学研究科 教授 久和 茂

    申込みは、E-mail( event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  )  宛てに、
    件名: 3/7ARRIVE参加申込み と記載し、 お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。(申込締切 2月27〔火〕⇒締切り延長中です) (参加無料、定員になり次第締切とさせて頂きます)

    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/ (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

  • イベント開催日

    2018-01-24

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    ABSセミナー(一般公開):「インドネシアのABS制度構築の 現状紹介と日本学術セクターの対応」(平成30年1月24日(水) 13:00-15:30)(京都大学)

    【本セミナーは終了いたしました】
    ABSセミナー案内 2018.1.24-25
    ABSセミナー(一般公開):
    インドネシアのABS制度構築の 現状紹介と日本学術セクターの対応
    日時: 2018年1月24日(水) 13:00-15:30
    場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟       地下1階会議室 (キャンパスマップ本部構内61番の建物)http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y (〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    【プログラム】(敬称略)
    12:45:受付開始
    13:00-15:30:
    1.Ruliyana Susanti(インドネシア科学院生物学研究センター)
    “ABS implementation for international collaborative researches  in Indonesia“
    インドネシアのABS制度の構築において学術面のアドバイザーとしてMTAのフォーム作成などを担当する同氏から、インドネシアでの具体的な手続きについて説明をうけるとともに、さまざまなケースについて助言していただきます
    2.鈴木睦昭 (国立遺伝学研究所 知的財産室 ABS 学術対策チーム )
    ”日本の学術研究におけるABS対応の現状”
    日本におけるABS対応の最新情報を提供していただきます
    3.質疑応答 & フリーディスカッション
    ■なお、京都大学関係者向けに、翌日1月25日(木)にRuliyana氏参加の個別の相談会も計画しております.個別相談会をご希望の方は、その旨事前登録の際にご連絡ください.9時から15時の間を予定しています.主催者側から場所と時間について折り返し返信いたします.
    ■参加の事前登録が必要です.申込みは E-mail( event-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) (アドレス, *を@に変えてください) 宛てに、 件名: 1/24ABSセミナー参加申込み と記載し、お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。(申込締切 1月16日〔火〕) (参加無料、定員になり次第締切とさせて頂きます)
    主催:京都大学日アセアン科学技術イノベーションプラットフォーム
    共催:国立遺伝学研究所 知的財産室 ABS 学術対策チーム
    京都大学研究倫理・安全推進室(RESPO)  HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/
          (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください) TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604

  • イベント開催日

    2018-01-25

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    一般公開セミナー:「バイオセーフティについて(感染症の動向と関連法令/実験室の安全管理)」(平成30年1月25日(木) 14:00-16:00)(京都大学;注 開催場所変更)

    【本セミナーは終了いたしました】
    本セミナーでは京都大学の関係者に加え学外からの参加もあり、大変多くの方にご参加いただき盛況でした。前川先生からは、バイオセーフティに関して研究現場での安全管理などについて分かり易い説明があり、講演会終了後も多数の方が残り個別に相談するなど、大変有意義な会となりました。研究倫理・安全推進室では、今後も継続的に教育/啓発セミナーを行い、ライフサイエンス研究の安全確保に貢献していきたいと思っています。

     

     

     

     

    バイオセーフティセミナー案内(公開)(開催場所変更)
    ・本セミナーでは、バイオメディカルサイエンス研究会 常任理事 前川秀彰氏をお招きし、バイオセーフティに関連する「感染症の動向」「感染症法、家畜伝染病予防法等の法律・安全管理」「設備基準」「バイオリスクマネージメント」「輸送」等についてお話いただきます。
    ・病原体を含め、微生物を取扱う研究者や関係者の方は、有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。

    ライフサイエンス法令セミナー(第6回)【一般公開セミナー】:「バイオセーフティについて(感染症の動向と関連法令/実験室の安全管理)」
    日時: 平成30年1月25日(木) 14:00-16:00
    場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟     地下1階会議室(キャンパスマップ本部構内61番の建物)    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y (〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    場所変更 京都大学 吉田キャンパス薬学部構内 医薬系総合研究棟 2階講義室Cキャンパスマップ薬学部構内68の建物 http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_m.html (〒606-8501 京都市左京区吉田下阿達町46-29
    内容:13:30:受付開始
    14:00-16:00:「バイオセーフティについて(感染症の動向と関連法令/実験室の安全管理)

    NPO法人 バイオメディカルサイエンス研究会 常任理事 前川秀彰

    申込みは、E-mail( event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) 宛てに、 件名: 1/25バイオセーフティセミナー参加申込み  と記載し、 お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。
    (申込締切 1月17日〔水〕) (参加無料:定員になり次第締め切り)
    ※京都大学ウイルス・再生医科学研究所の方は部局担当掛を通じて申込受付しています。
    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/ (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

  • イベント開催日

    2017-12-14

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    一般公開セミナー:「実験動物管理者の役割・責任と関連法令」(平成29年12月14日(木) 14:00-16:00)(京都大学)

    【本セミナーは終了いたしました】
    本セミナーは京都大学の実験動物管理者の教育訓練を兼ねて行ないましたが、京都大学の実験動物/動物実験関係者に加え、他の大学/企業の関係者の参加もあり大変盛況でした。また、喜多先生から、11月に発行されたばかりの「実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準の解説」の概要についての説明もあり、時宜にかなった大変有意義な会になりました。研究倫理・安全推進室では、今後も継続的に動物実験をテーマにした教育/啓発セミナーを行い、動物福祉の推進に貢献していきたいと思っています。

    実験動物セミナー案内(公開)
    ・本セミナーでは、京都府立医科大学大学院医学研究科 実験動物センター 喜多正和教授をお招きし、「実験動物管理者の役割・責任」及び「関連法令」等についてお話いただきます。
    ・尚、本セミナーは、京都大学の実験動物管理者の教育訓練も兼ねて行います。対象者の方には受講証を発行しますので、申込の際には、その旨をご連絡ください。
    ・実験動物管理者だけでなく、動物実験関係者の方も有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。
    ライフサイエンス法令セミナー(第5回)【一般公開セミナー】実験動物管理者の役割・責任と関連法令
    日時: 平成2912日() 14:00-16:00
    場所京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟     地下1階会議室(キャンパスマップ本部構内61番の建物)    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y (〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    内容:13:30:受付開始
    14:00-16:00:
    実験動物管理者の役割・責任と関連法令」
    京都府立医科大学大学院医学研究科   実験動物センター 研究教授 喜多正和

    申込みは、E-mail( event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) 宛てに、 件名: 12/14実験動物セミナー参加申込み  と記載し、 お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。
    (申込締切 12月7日〔木〕) (参加無料)(本セミナーは京都大学実験動物管理者の教育を兼ねているため、席に余裕がございません。定員になり次第締切とさせて頂きますこと予めご承知置き下さい。)
    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/(問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

  • イベント開催日

    2017-09-06

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    公開セミナー:「遺伝資源へのアクセスの円滑化と名古屋議定書への対応」(平成29年9月6日(水) 14:00-15:30)(京都大学)

    【本セミナーは終了いたしました】
    本セミナーでは京都大学以外の方も含め多くの方にご参加いただき、
    産業界の名古屋議定書への取組みの中心として活動されているバイオインダストリー協会 井上歩所長から、「生物多様性条約/名古屋議定書の基礎」「資源提供国の法令」「産学連携に際しての留意点」 等についてお話いただきました。活発な質疑が行われ、講演終了後も多くの方が残られ個別に相談するなど、関心の高さがうかがえました。京都大学では、今後も継続的に教育/啓発セミナーを行うなど、生物多様性条約/名古屋議定書への対応を図ってまいります。

    名古屋議定書セミナー案内 
    ・日本の名古屋議定書締約国入りに伴い、国内措置であるABS指針が施行(平成29年8月20日)され、指針に基づく報告が必要になります
    ただし、研究者は、ABS指針の適用範囲に関係なく、遺伝資源を取得する際は、遺伝資源提供国の法令を遵守する必要があることは従来とかわりはありません。(「生物の多様性に関する条約」は平成5年に発効)
    ・本セミナーでは、バイオインダストリー協会 井上歩所長をお招きし、「遺伝資源へのアクセスの円滑化」「資源提供国の法令」「産業上の利用に際しての留意点」等についてお話いただきます。
    ・海外遺伝資源の関係者の方だけでなく、産官学連携部門等の方も、有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。
    ※遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針

    ライフサイエンス法令セミナー(第4回)【一般公開セミナー】:遺伝資源へのアクセスの円滑化と名古屋議定書への対応
    日時: 平成29年9月6日(水) 14:00-15:30
    場所京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟     地下1階会議室(キャンパスマップ本部構内61番の建物)    http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y (〒606-8501 京都市左京区吉田本町)
    内容:13:30:受付開始
    14:00-15:30:「遺伝資源へのアクセスの円滑化と名古屋議定書への対応」
    (一財)バイオインダストリー協会 生物資源総合研究所 井上 歩 所長

    申込みは、E-mail( event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) 宛てに、 件名: 9/6名古屋議定書セミナー参加申込み と記載し、 お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。
    (申込締切 8月31日〔木〕→席に余裕がございますので締切延長中です) (参加無料、定員になり次第締切とさせていただきます)
    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO)  HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp  E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic
    E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

     

  • イベント開催日

    2017-07-18

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    公開セミナー:「動物実験代替法の国内外の動向- 大学研究者への毒性/薬理研究への期待」(2017年7月18日(火) 13:30-15:30)(京都大学)

    【本セミナーは終了しました】
    7/18のセミナーでは、国立衛研小島 肇先生と日本化学工業協会の石井様をお招きして、「動物実験代替法の国内外の動向-大学研究者への毒性/薬理研究への期待」及び「Long-Range Research Initiative(LRI)-化学物質の健康、環境に及ぼす影響に関する研究への支援活動」についてお話いただきました。
    当日は、京都大学に加え、他の大学、企業等からも多くの方にお集まりいただき、動物倫理と代替法研究への関心の高さが伺えました。
    研究倫理・安全推進室では、今後も継続的に動物倫理をテーマにしたセミナーを開催し、動物福祉と関連する研究の促進に貢献していきたいと思っています。

    動物実験代替法セミナー案内 
    近年、動物実験を取り巻く環境、法規制が国際的に強化されています。特に、欧州では法規制が強化されており、2013年3月より全ての毒性項目に関して動物 実験を行った成分を含む化粧品の製造販売が禁止され、さらに化学物質規制にも適用されるなど、関連する業界に大きな影響を及ぼしており対応を迫られています。このため、現在、動物実験の3Rs(Reduction: 動物実験の削減、 Refinement:実験動物の苦痛の軽減、Replacement:動物実験の置換)の観点から、毒性試験の動物実験代替法の開発、活用に向けた取り組みが世界中で活発になっています。
    本セミナーでは、国立医薬品食品衛生研究所 小島肇先生より、動物実験代替法の国内外の動向と企業の対応に加え、動物実験代替法の開発において重要な「毒性/薬理研究」への大学研究者に対する期待について、お話いただきます。 また今回、日本化学工業協会から、研究への支援活動(LRI)についてもお話いただきます。
    動物実験関係者の方だけでなく、生物系の研究者の方、産官学連携部門の方も、有用な情報を得られる機会ですので、是非ご出席ください。

    ライフサイエンス法令セミナー(第回)【一般公開セミナー】:「動物実験代替法の国内外の動向-大学研究者への毒性/薬理研究への期待
    ・日時: 2017年7月18日(火)13:30-15:30
    ・場所: 京都大学 吉田キャンパス 本部構内 学術研究支援棟 地下1階会議室(キャンパスマップ本部構内61番の建物)  http://www.kyoto-u.ac.jp/ja/access/campus/yoshida/map6r_y     (〒606-8501 京都府京都市左京区吉田本町)
    ・内容:13:00:受付開始
    13:30-15:00:「動物実験代替法の国内外の動向-大学研究者への毒性/薬理研究への期待」
    国立医薬品食品衛生研究所 安全性生物試験研究センター 安全 性予測評価部  第二室長 兼 日本動物実験代替法評価センター事務局 小島 肇 氏
    15:00-15:30:「Long-Range Research Initiative(LRI)-化学物質の健康、環境に及ぼす影響に関する研究への支援活動」
    一社)日本化学工業協会 常務理事 石井 一弥 氏

    申込みは、E-mail( event-respo@mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) 宛てに、 件名:7/18動物実験代替法セミナー参加申込みと記載し、お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail)をご連絡ください。
    (申込締切 7月12日〔水〕) (参加無料、定員になり次第締切とさせていただきます)

    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/ (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

  • イベント開催日

    2017-05-15

    一般公開イベント

    学内向けイベント

    公開セミナー:個人情報保護法等の改正に伴う研究倫理指針の改正について (2017/5/15(月)14:00-15:30)(京都大学)

    【本セミナーは終了しました】
    5/15のセミナーでは、文部科学省 ライフサイエンス課 生命倫理・安全対策室 藤井 典宏 室長補佐により「倫理指針の改正」について発表され、京都大学以外の方も含め約170名と多くの方にご参加いただき活発な質疑が行なわれました。また、セミナー終了後も多くの方が残られ、藤井室長補佐に個別質問をするなど、新医学系及びゲノム指針の施行を5月30日に控え、関心の高さがうかがえました。

    京都大学では、今後もライフサイエンス関連法令について、継続的に啓発セミナーを行なってまいります。

     

    研究倫理指針改正セミナー案内
    「人を対象とする医学系研究に関する倫理指針」、及び「ヒトゲノム・遺伝子解析研究に関する倫理指針」の一部改正が平成29年2月28日に公布されました。この度、研究倫理指針の改正に関する説明会を開催いたします。(詳細はセミナー案内PDF参照)
    申込みは、①申込みフォーム (←クリック)から、 又は、
    ②E-mail(  mailto:event-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp)(申込アドレス, *を@に変えてください) 宛てに、 件名「研究倫理指針改正セミナー」(5/15)参加申込み   と記載し、 お名前、ご所属、部署/役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。
    (申込締切 511参加無料、定員になり次第締切とさせていただきます)

    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/ (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)

  • イベント開催日

    2017-04-19

    一般公開イベント

    セミナー(一般向け案内):海外遺伝資源に関する名古屋議定書の最新情報-大学と学術研究者はどう対応するべきか-(2017/4/19(水)13:30-)(京都大学)

    【本セミナーは終了いたしました】
    4/19のセミナーでは京都大学以外の方も含め多くの方にご参加いただき、ありがとうございました。当日は、国立遺伝学研究所 鈴木室長による名古屋議定書等の最新情報、及び、京都大学での取り組み状況について発表され、活発な質疑が行われました。また、講演終了後も多くの方が残られ鈴木室長に個別相談するなど、関心の高さがうかがえました。京都大学では、今後も継続的に教育/啓発セミナーを行うなど、生物多様性条約/名古屋議定書への対応を図ってまいります。

    名古屋議定書セミナー案内PDF(一般向け)

    標記セミナーを開催します。(詳細はセミナー案内PDF参照)
    申込み/問合せは、E-mail( event-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp ) (申込アドレス, *を@に変えてください) 宛てに、 お名前、ご所属/部署・役職、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください。
    (申込締切4月14日〔金〕)(参加無料、定員になり次第締切とさせていただきます)

    主催: 京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO) HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/ (問合せ) E-mail: respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp    (アドレス, *を@に変えてください)  TEL: 075-753-5601、FAX: 075-753-5604
    共催:ライフサイエンスコンプライアンス研究会(ReCoLiC)   事務局責任者 日置孝徳
    HP: http://respo.rp.kyoto-u.ac.jp/recolic   E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp  (アドレス, *を@に変えてください)