ホームライフサイエンス・コンプライアンス研究会

ライフサイエンス・コンプライアンス研究会

ライフサイエンスに係るコンプライアンスの強化を図ることを目的にしたライフサイエンスコンプライアンス研究会 (Research Council on Life Science Compliance/ 略称:ReCoLiC(レコリック)) を設立し、ライフサイエンス分野の法令全般に関する情報収集・調査・研究、会員相互の情報交換等の活動を行っています。

開催予定の講演会

設立の背景・
目的

  • 近年、ライフサイエンス分野の研究・技術の進歩は目覚しく、その倫理・安全に係る法令等の数が増加しており、また頻繁に改正されている
  • これらの法令等に関する学会、研究会は数多くあるが、対象とする法令の領域が限定されており、ライフサイエンス分野の法令全般※を広く対象とする集まりはあまりない
  • そこで、これらの法令全般に関する情報収集・調査・研究、会員相互の情報交換等により、「ライフサイエンス研究管理のあり方」等を議論・検討し、もってライフサイエンスに係るコンプライアンスの強化を図ることを目的に本研究会を設立する
  • これにより参加機関のライフサイエンス分野の研究・事業化の促進を図り、また、外部発信等を通じて産業と社会の発展に貢献する

活動

  • 定例会: 専門家による講演、会員相互の情報交換
  • メルマガ発行: 定例会情報、法令改正、トピックス等を発信
  • セミナー開催、書籍発刊等による外部発信
  • 関連学会、行政、団体等との連携

講演会・過去の活動はこちら

運営

【事務局】
京都大学 研究倫理・安全推進室(RESPO)
(責任者:シニア リサーチ・アドミニストレーター 日置 孝徳)
【連絡先】
ライフサイエンスコンプライアンス研究会事務局
E-mail: life-respo*mail2.adm.kyoto-u.ac.jp
(事務局アドレス, *を@に変えてください)
〒606-8501 京都市左京区吉田本町 学術研究支援棟2F
【入会について】
入会希望の方は事務局までご連絡ください (会費は徴収しておりません)。
①メール(事務局宛にメールで、お名前、ご所属、部署/役職、住所、連絡先(E-mail, TEL)をご連絡ください)
もしくは、②入会申し込みフォームで受け付けております。

【注:申し込みフォームはネットワーク環境によっては送信されない場合があります。受付の確認メールが届かない場合は、お手数ですが、事務局宛にメールで①の項目をご連絡ください】
入会申し込みフォーム

会員の所属機関

京都大学、東京大学、東京工業大学、東京理科大学、日本医科大学、大阪大学、大阪市立大学、東海大学、立命館大学、琉球大学、奈良先端科学技術大学院大学 、横浜市立大学、信州大学、昭和薬科大学、国立医薬品食品衛生研究所、国立感染症研究所 、理化学研究所、 住友化学株式会社、株式会社カネカ、株式会社KRI、三井化学株式会社、JNC 株式会社、富士フイルム株式会社、富士フイルムRI ファーマ株式会社、株式会社ペルセウスプロテオミクス、サントリーMONOZUKURIエキスパート株式会社、コスモ・バイオ株式会社、日本新薬株式会社、株式会社日本触媒、中外製薬株式会社、第一三共RDノバーレ株式会社、協和発酵キリン株式会社、Meiji Seikaファルマ株式会社、大日本住友製薬株式会社、参天製薬株式会社、塩野義製薬株式会社、持田製薬株式会社、京都リサーチパーク株式会社、クミアイ化学工業株式会社 等(順不同)
(H29/6 現在:49機関)

研究会が対象と
する
ライフサイエンス関連法令(例)

(1) 環境保全(生物多様性条約関連)
  • カルタヘナ法
  • 遺伝資源の取得の機会及びその利用から生ずる利益の公正かつ衡平な配分に関する指針(H29 /8/20施行)
    (アクセスと利益配分に関わる資源国各国の国内法)
    (食料農業植物遺伝資源条約(ITPGRFA))
  • 絶滅のおそれのある野生動植物の種の保存に関する法律 (種の保存法)
    (ワシントン条約)
  • 家畜伝染病予防法
  • 植物防疫法
(2) 健康被害防止
  • 感染症法に基づく特定病原体等の管理規制

【医薬品開発関連】

  • 安衛法
  • 毒劇法
  • 放射線障害予防法
(3) 動物倫理(3Rs についてのボローニャ宣言)
  • 動物の愛護及び管理に関する法律
  • 実験動物の飼養及び保管並びに苦痛の軽減に関する基準
  • 研究機関等における動物実験等の実施に関する基本指針
  • 厚生労働省の所管する実施機関における動物実験等の実施に関する基本指針
  • 動物の処分方法に関する指針
(4) 研究/ 生命倫理(ヘルシンキ宣言等の考え方が基本)
  • 人を対象とする医学系研究に関する倫理指針
  • ヒトゲノム・遺伝子解析研究等に関する倫理指針
  • 遺伝子治療等臨床研究に関する指針
  • 再生医療等の安全性の確保等に関する法律
  • ヒト受精胚の作成を行う生殖補助医療に関する倫理指針
  • 特定胚の取扱いに関する指針
  • ヒトES細胞の樹立に関する指針
  • ヒトES細胞の分配及び使用に関する指針
  • ヒトiPS細胞又はヒト組織幹細胞からの生殖細胞の作成を行う研究に関する指針
(5) その他
  • 薬機法等の事業化関連法規制
  • 関連する海外法規制
  • 新たに制定されるライフサイエンス関連法令全般